山陰合同銀行の利便性

山陰合同銀行のセキュリティ

フィッシング詐欺や不正送金など、金融機関を取り巻く犯罪が多様化している現代では、セキュリティサービスが重視されています。金融機関におけるセキュリティとはキャッシュカードの認証システムや、パソコン用セキュリティソフトなどの安全対策のことです。これらの設備が充実していないと、預金口座のお金を不正に引き出されたり、キャッシュカードやクレジットカードを不正利用されるリスクが高まってしまいます。

キャッシュカードの安全性向上のためには、山陰合同銀行の生体認証サービス付きICキャッシュカードがオススメです。生体認証とは指の静脈で本人確認をおこなうことで、パスワードだけで取引するよりも遥かに安全です。静脈を確認する必要があるため、万が一キャッシュカードを紛失しても第三者に不正利用される心配がありません。しかし生体認証に対応しているATMは少ないため、パスワードもしっかり管理する必要があります。

取引の効率化を求めてインターネットバンキングを利用する人が増えている昨今、パソコンやスマートフォンからの情報漏洩も社会問題となっています。ウイルスやスパイウェア対策にはセキュリティソフトが効果的です。必ずしもソフトが多ければよいわけではなく、セキュリティソフトは重複すると効果が落ちることがあるため、ウイルス対策やフィッシング対策など用途別に最低限のものを揃えましょう。山陰合同銀行ではソフトを配布しています。

ソフトを入れていても、山陰合同銀行を騙るメールでウイルスに感染させたり、偽のサイトに誘導してパスワードを入力させるといった手口が増加しています。しかもそれらの手口にひっかかって被害を受けても、顧客本人の過失によるものと見なされることがあるのです。そのため新しい詐欺の情報が入ったら逐一チェックし、自己管理しておく必要があります。

Pagetop