山陰合同銀行の利便性

山陰合同銀行のバンキングサービス

山陰合同銀行の利便性を上げるにはインターネットバンキングサービスを利用すると効果的です。インターネットバンキングとは支店窓口やATMではなく、インターネット経由で金融商品の取引をおこなうものです。営業時間が短く振込手数料も高い金融機関は、インターネットバンキングを使うと大幅に手間やコストを省けるのです。ダイヤルバンキングもありますが、取引内容が少なく用途が狭いという欠点があります。

山陰合同銀行はインターネット専用の金融商品をいくつか扱っています。たとえばインターネット定期預金やインターネット積立定期預金です。口座開設のために来店する必要がなく、思い立ったらすぐ申し込みできるのが特徴です。しかし一般にインターネット専用商品は特別金利になることが多いにも関わらず、山陰合同銀行では特別金利にならないため、必ずしも資産運用に有利とは言えません。ただし定期預金キャンペーンを利用すれば高金利で利用できます。

インターネットバンキングを使うことで低コストになるのは、インターネット外貨預金とインターネット投信です。外貨預金と投資信託はそれぞれ為替手数料と購入手数料がかかるため、利益を上げなければ簡単に元本割れしてしまいます。しかしインターネットバンキングを使うことで手数料が割引され、無駄なく利益を得ることができるようになるのです。ただし投資信託の場合は購入手数料無料のファンドも存在するため、証券会社で利用するほうがお得な場合も多いです。

インターネットバンキングを利用しているときは、まめに口座残高やパスワードを管理する必要があります。サイバー攻撃の被害に遭いやすいため、預金口座からの不正送金などを防ぐためです。頻繁にチェックして早めに被害に気づけば、補償も手厚くなります。念のため山陰合同銀行が配布している金融機関向けフィッシング対策ソフトも取り入れましょう。スマートフォンで利用する際も、セキュリティアプリをダウンロードしておきましょう。

Pagetop