山陰合同銀行の利便性

山陰合同銀行の住宅ローン

山陰合同銀行は山陰地方で最も利用されている金融機関なので、個人や法人への融資も積極的です。個人向けのローン商品で人気なのは住宅ローンで、住宅取得の際に多くの人が申し込みます。消費者金融で借り入れたり、すでに所有している住宅をリフォームローンで増改築する方法もありますが、山陰合同銀行で預金を利用している人がそのまま住宅ローンも利用するというケースが多いです。

山陰合同銀行のスーパー住宅ローンは用途が広く、新築やリフォームはもちろん借り換えにも対応しているのが特徴です。金融機関によっては住宅ローン、リフォームローン、借り換えローンと別々に分けているため使い分ける必要がありますが、スーパー住宅ローンなら1つで多様な使い方ができます。金利タイプや借入金利などの条件を考慮して山陰合同銀行の別の住宅ローンを検討するのもよいですが、スーパー住宅ローンはほとんどのニーズに応えることができます。

スーパー住宅ローンの特徴は用途の広さだけではありません。固定金利と変動金利から選択する通常の住宅ローンと違い、全期間固定金利と決まっているのです。そのため返済額が安定し、返済計画を立てやすいというメリットがあります。さらに最初の10年は金利が低いため、繰上返済がより効果的です。ただし変動金利の住宅ローンなら市場金利と連動して金利が下がることがあるため、金利動向によっては固定金利が裏目に出る可能性もあります。

住宅ローンを利用する前には自己資金を貯めておくことも重要です。自己資金が多ければ借入金額が少なくて済みますし、審査も通りやすくなります。自己資金は山陰合同銀行の財形住宅貯蓄を利用すれば、給与から住宅取得資金を直接天引きして積み立てることができます。ただし貯めた資金は住宅取得以外の用途で引き出すことができないため、計画的に利用する必要があります。

Pagetop