金利や利便性に優れる鹿児島信用金庫

鹿児島信用金庫の定期積金

鹿児島信用金庫を含む全国の信用金庫では定期積金という商品を取扱っています。定期積金は銀行などの金融機関にない商品で、毎月決まった預入日にお金を積み立てて、満期日に積立総額と給付補填金(利息)を受け取れるという特徴があります。同じ積立形式の商品である積立定期預金や財形預金とは商品内容が異なり、積立定期預金よりもお金が貯まりやすく、財形預金よりも口座開設や解約が楽にできます。そのため気軽かつ確実にお金を貯めたいときに利用するとよいでしょう。

鹿児島信用金庫では通常のスーパー積金と、年金受給者向けの定期積金を取扱っていますが、個人や法人を含む多くの利用者はスーパー積金を口座開設することになります。スーパー積金は使い勝手の良さが特徴で、月々の積立金額を1000円という手頃な金額から設定でき、積立も普通預金口座からの自動振替によって行うことができます。口座開設してしまえば何もしなくても毎月勝手にお金が貯まっていくため、貯蓄が苦手な利用者にもオススメです。ただし定期預金と違って自動継続扱いができないため、満期日後も積立を続けるには新規のスーパー積金を口座開設する必要があります。

年金受給者向けの定期積金は、鹿児島信用金庫で公的年金の自動受取サービスを契約する個人利用者のための専用商品です。上乗せ金利の特典付き商品なので、スーパー積金の店頭表示金利に上乗せ金利が付いた適用金利で運用でき、通常のスーパー積金を利用するよりも効果的にお金を貯められます。鹿児島信用金庫では年金定期預金の取扱いも行っているため、年金定期預金で資産運用するための余裕資金を定期積金で貯めるとよいでしょう。

定期積金は便利ですが、預入日に積立できないと様々なペナルティーが発生します。たとえば遅延期間に相当する期間だけ満期日が繰り延べられたり、遅延利息を支払う必要があるのです。積立を断念して預入期間の途中で中途解約する場合も、通常よりも低い期限前解約利率が適用されてしまいます。そのため定期積金を口座開設する際は、確実に満期日まで積立を続けられる積立金額を設定することが重要です。

Pagetop